« 2009年12月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年6月

マッサージのために

私はビショップサバーラが私とこのブログをするつもりでなかったとかなり確信します。

そのとき、彼はカトリックメディアについて講演をしました。

他方で、以後、私は活動している出張マッサージ1です、そして、このブログを持っていてください、私はアメリカのカトリックメディアの小さな一部です。

それで、私はビショップサバーラが言わなければならなかったものを読みましたそして、もう一度それの上に行くつもりにしてください、私がそれを持っていることを確認するために、出張マッサージは司教が言わなければならなかったものからの抜粋です「カトリックメディアで司教サバーラ、「出張マッサージ(2010年6月4日)、「アメリカとカナダからのカトリックメディアプロは、一年のカトリックメディア協会慣例のために、ニューオリンズで前週のために集められました。

彼の毎週の一般的な観衆でベネディクト法王自身からのメッセージは、彼らの集会のハイライトの一つでした。

「昨日、6月3日に、ビショップ出張マッサージサバーラ(ロサンゼルスの補助司教と米国の出張マッサージの出張マッサージ委員会の議長)は、それが今日誠実なカトリックメディア組織であると定めるものについての話を加えました。

司教サバーラは今日カトリックメディアの現実を定める厳しい問題とダイナミックな緊張に正に飛び込みました、そして、この作家の謙遜な意見において、彼は公園からそれを打ちました。

「全文はあとに続きます出張マッサージ。

…」」『誠実な』カトリックメディア?何が、それです」。

出張マッサージ私も、我々が反対の極に走らなければならなくて、単に誠実なカトリックメディア組織がぜひとも司教を弁護するために弁証論に係わる人々であると言わなければならないと思いません。

それはあまりに単純すぎて、北アメリカでカトリックの知性を尊重しません。

彼らはより微妙な違いのある遠近法をとるカトリックメディアに値します。

最後に、私は誠実なカトリックメディア組織が出張マッサージのために話しながら現れなければならないと思っていません。

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年11月 »